biography

竹中香子 Kyoko Takenaka

 

竹中香子 Kyoko Takenaka

1987年生まれ、埼玉県出身。2011年、桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業後、渡仏。2013年、日本人としてはじめてフランスの国立高等演劇学校の俳優セクションに合格し、2016年、フランス俳優国家資格(Diplôme National Supérieur Professional de Comédien)を取得。パリに拠点を戻し、フランス国公立劇場の作品を中心に多数の舞台に出演。Gillaume Vincent演出作品に多く出演する。第72回アヴィニョン演劇祭、公式プログラム(IN)作品出演。2017年より、日本での活動も再開。一人芝居『妖精の問題』(市原佐都子 作・演出)では、ニューヨーク公演を果たす。日本では、さまざまな大学で、自身の活動に関する特別講義を行う。2020年より、カナダの演出家Marie Brassardとのクリエーションをスタート。2020年秋からは、フランス演劇教育者国家資格(Diplôme d'État de professeur de théâtre)取得のための2020年度研修クラスに参加し、演劇公演と並行し、演劇教育を学ぶ。

 

2017年夏に行ったアンスティチュ・フランセ東京での講演会内容:

フランスで舞台に立つために必要なこと: フランス語、演劇学校、そしてプロフェッショナリズム(その1:ひとり語り編)

フランスで舞台に立つために必要なこと: フランス語、演劇学校、そしてプロフェッショナリズム(その2:質疑応答編)

 

Née en 1987, Kyoko Takenaka sort diplômée de l'Université Obirin, section Performing and Visual Arts en 2011 à Tokyo. Elle mène une carrière de comédienne au Japon avec Suguru Yamamoto, Yudai Kamisato, etc. Elle poursuit sa formation en France en intégrant en 2013 l'Ecole Nationale Supérieure d'Art Dramatique de Montpellier, suivant les enseignements de Gildas Milin, Cyril Teste, Julie Deliquet, Robert Cantarella et Alain Françon. Dès sa sortie, elle participe en 2016-2017 au Songes et Métamorphoses, de Guillaume Vincent, programmé notamment à l'Odéon-Théâtre de l'Europe, Paris. En 2017-2018, elle joue seule en scène La Question de la Fée, de Satoko Ichihara à Tokyo, au TPAM - Yokohama, au Kyoto Experiment, aussi à New York. En 2018, elle joue Certaines n’avaient jamais vu la mer, monté par Richard Brunel dans la programmation officielle du 72e Festival d’Avignon.

 

inserted by FC2 system